ワキガさん必見! 嫌な臭いをシャットアウトする正しい体の洗い方とは?


毎日の入浴。
臭っていたワキガ臭も体臭もキレイサッパリ・・・と思っていたら、あっという間に臭いが戻ってきた!
そんな経験はありませんか?

この原因として考えられるのが「洗い残し」と「洗いすぎ」の2つ。
この二つを改善することで、ワキガ臭だけでなく、他のどんな体臭も効果的に落とすことができます。

では、この2つがなぜ臭いの原因になるかをまとめます。

「洗い残し」がエサとなって菌増殖が急スピードで始まる

「洗い残し」がエサとなって菌増殖が急スピードで始まる

洗い残しというのは、目に見えない汗の成分や汚れなどを指しています。
暑い時に出る汗「エクリン腺」から分泌される汗は水分が99%ということもあり、水で流すだけでもよく落ちてくれます。

しかし体臭・ワキガ臭の原因となる汗「アポクリン腺」の汗はベタつきがあり、軽く流しただけではなかなか落ちません。
なぜなら、この汗には脂質、タンパク質といった成分が混じり、お湯との親和性がイマイチなのです。

そのため、きちんと洗ったつもりでも、シワの間や角質の溝に汗が残り、それが臭い菌のエサに。
エサがほとんどない状態であれば菌増殖のスピードは鈍りますが、エサがあるとなると臭い菌はあっという間に増殖します。

結果、すぐに体臭が発生してしまうのです。

洗いすぎが皮膚常在菌の菌バランスを崩す

洗いすぎが皮膚常在菌の菌バランスを崩す

逆に臭いが落ちないからと、ゴシゴシと強く洗うのもNG。

実は人の皮膚には2種類の常在菌が住んでいるとされています。

一つは「善玉菌」。
代表的なのが表皮ブドウ球菌と呼ばれる菌です。
この菌は皮膚表面を弱酸性に保ち、雑菌が増えすぎるのを未然に防いでくれます。

そしてもう一つは「悪玉菌」。
代表的なのは「黄色ブドウ球菌」など。
増えすぎることで食中毒などを引き起こす雑菌です。

この菌が増えることが体臭の原因になります。
洗いすぎで問題なのは、この悪玉菌と善玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌優位にしてしまうリスクがあるということ。

また、ゴシゴシと擦ることは角質を傷つけ、肌バリア機能を弱らせる結果にもなります。
昔々は肌の鍛錬のためと、ヘチマなどでゴシゴシと擦る健康法が流行りましたが、肌ケアの観点からは絶対にNGです。

どんな洗い方が正しいの?体臭を予防する洗い方とは

それでは具体的にどのような体の洗い方がワキガ臭や体臭を予防してくれるのかをまとめます。

体を洗う前にしっかりと湯船に浸かる

しっかりと湯船に浸かることで、古い角質を柔らかくし、汚れを浮かしやすくします。
また発汗を促すことも、体臭予防には効果的です。
この際、ミョウバンやクエン酸など臭いを抑える入浴剤をチョイスするのもおすすめです。

詳しく知りたい方はこちら
ワキガを劇的に改善する入浴方法とは?

ワキの下は湯の中でマッサージ

ワキの下を軽くつまんだり、捻ったり。
これをするだけで、毛穴に詰まった汚れが浮きやすくなります。

過剰にならずに気持ちいと感じる程度で行います。
マッサージをする時間は長くても片ワキで3分程度です。

基本は泡で洗う

スポンジなどで泡立てた石けんで優しく全身を洗います。
物足りなさを感じてもぐっと我慢です。

なるべくきめ細かな泡を立てるのがポイント。
泡の密度が細かいことで、肌に負担をかけることなく、洗浄力を高めることができます。

マンマリーラインはデオドラントソープの部分使いが効果的

マンマリーラインというのは「わきの下」「乳輪まわり」「陰毛の外側」などアポクリン腺が多い部分を一本の線で表したものです。
乳腺の並びに沿ってアポクリン腺が開口していることからそう名づけられました。

この部分はデオドラントソープでしっかりと臭いケアをすることをおすすめします。
洗い方は一緒です。
しっかりと泡立てて、その泡で丁寧に洗います。

ベタつきが取れない時には、タオルなどで軽く擦ってもいいですがあくまでも軽く。
ゴシゴシ洗わないように気をつけます。

基本的にはたったこれだけです。

ですが、きちんと臭いをケアするためには入浴後のちょっとした配慮が大切です。

バスタオルは清潔なものを

ありがちなのが部屋干しした生乾きのタオルを使ってしまうこと。
生乾きのタオルは雑菌が繁殖している場合があり、このバスタオルを使うことで臭い菌を追加してしまうことも。
タオルは日干しか、乾燥機でしっかりと乾燥させた清潔なものを使用します。

デオドラントはバスタオルで水分を拭き取ったらすぐ!

デオドラントはバスタオルで水分を拭き取ったらすぐ!

入浴後はあらゆる体臭から解放されて、ほっとする時間かもしれませんが、油断は大敵です。
入浴により、一時は臭い菌が激減しましたが、すぐに増殖を始めてきます。
その前にデオドラントを塗布しておくことが効果的です。

一度繁殖してしまった臭い菌に対して使うよりも、まだ繁殖していない段階で予防的にデオドラントを使うことがもっとも臭い菌の増殖を効果的に抑えてくれます。

入浴は毎日のこと。
ぜひ臭いケアを意識した洗浄方法を試し、効果的に臭いケアをしていきましょう♪