【すぐできる・一人でできる】ワキガのセルフチェック

ワキガは大体、思春期頃・・・いわゆる「第二次成長」をきっかけにアポクリン腺の活動が活発化し、臭いに気がつくことが多いもの。
私も初めて自分がワキガかも、と思ったのは15歳の頃でした。

ワキガっていう言葉を耳にしたのもこの頃のこと。

響きが良くないですよね、ワキガ。
臭いとこの響きのせいで、いじめに繋がりやすいと思う。

腋臭症っていう診断名もあるけどイマイチ世の中に浸透していない・・・。
ワキガの人くらいしか認識ないのかもしれませんね。

さて、余談はこのくらいにして。

もしかして自分がクサイんじゃないか?ワキガじゃないの?って思った時、自分で確認する方法があります。

一般的に言われているのは以下の4つ

耳垢が湿っている

ワキに触れる衣類が黄ばむ

腋毛が濃い

汗がベタ付く

ですが、これだけでは100%ワキガだとは言い切れません。

耳垢が湿っていても100%ワキガであるとは限りません。
また衣類の黄ばみについても、制汗剤の使用によっても黄ばむ場合があります。

さらには腋毛が濃いだけでは体質かもしれませんし、体の水分が不足しているとどんな汗もベタつきます。

ワキガかどうかを特定するには、「ワキガ臭があるかないか」です。
これしかありません。

仮にワキガ体質で、アポクリン腺が大きくても臭いさえなければそれはもうワキガとは呼べません。

ということでセルフで出来るワキガ臭の確認方法をまとめます。

【用意するもの】
●ティッシュペーパー
●ジップロック

【やり方】
※臭いの出やすい夕方頃に試すことをおすすめします。

1.両ワキにティッシュをしっかりと挟んで3分待つ。
2.それをジップロックに入れて密封する。
3.別室に移動する。
4.1分ほどしてからジップロックを開けて臭いを嗅ぐ。

これでワキガの臭いがしたらワキガの可能性が高いです。
断定するには1回ではなく、日を置いて数回行い全てワキガ臭を感じるようでしたらそれはもう間違いないと思います。

人は自分の臭いに気がつきにくい

ワキガの臭いは自分では気がつきにくい

皆さんにはこんな経験がありませんか?

最初はいい香りだと思って使っていたシャンプーが、途中からあまり臭わなくなった

柔軟剤や衣類用洗剤の種類を変えたらすごく香りが付いた

これは臭いが薄れてしまったのではなく、あなた自身の鼻がこの臭いに慣れてしまったのが理由です。
同じように、ワキガ臭も自分の体臭であるため、本人は鈍感になっていることがほとんどです。

なので、一旦自分の体から引き離し、他の部屋で改めて嗅いでみるという手順を踏むと臭いを感知しやすくなります。
絶対に自分の臭いは分からないというわけではありません。
きちんと手順を踏んで確認すれば、自分自身のワキガ臭に気がつくことができます。

自分がワキガかどうか悩まれているのでしたら、せひ一度試してみてください。

そして万が一、自分がワキガだったとしても悲しまないでください。
ワキガは病気ではありません。

臭いをコントロールする方法はたくさんあります。

元気を出して、前向きにワキガと向き合っていきましょう。