夏だからこそしたい3つのワキガ対策
夏―。汗をかく季節です。

こうなると心配なのがワキガ臭。
毎年、夏になるのが怖いと思うワキガさんも多いのではないでしょうか。

でも、本当は夏って季節の中では比較的「ワキガ臭を消しやすい」季節です。
夏だからこそしたいワキガ対策をしっかり行い、この夏はワキガ臭のお悩みから解放されてみませんか?

夏のワキガ臭はこうして減らす!3つの対策とは

それでは具体的にどのような対策をするのかまとめていきます。

たっぷり水分をとって、たっぷり汗をかく!

たくさん水分を取る

夏は汗をかきやすい季節。
だったらもっと積極的に汗をかきましょう。
しっかりと水分を取って、体を動かします。

これを定期的に行うことで、体の中の老廃物を外へと出すことができます。
水分をたっぷり取ることで、サラサラとした汗をかけるように。
この汗はエクリン腺から分泌されるものですが、老廃物を体にためないことで、アポクリン腺から分泌される汗も臭いにくくなります。

敢えてのノースリーブでワキを常に乾燥させる

ノースリーブですごす

ワキガさんにとってノースリーブなんて「絶対ムリ」と思うものの一つではないでしょうか。
ですが、実はワキガ臭の軽減にノースリーブは効果的です。

ワキガの臭いを発生させる「ワキガ菌(コネリバクテリウム)」は多湿が大好き。
ですが、ワキの下を常に空気にさらすことでワキの下に湿気がこもりません。
この環境ではワキガ菌が増殖できないわけです。

意外にも水着の時にワキガ臭が気にならないという方は多いと思います。
それは常にワキが乾燥した状態だからです。

夏はしっかりとワキを洗浄し、デオドラント剤を使ったらノースリーブで過ごしましょう。
もし緊張を強いられる場面などで、汗が出てしまいどうしてもノースリーブでいられない!という時にはカーディガンなどを羽織ると自然です。

シトラス系の香水を使う

シトラス系の香水を使う

暑い夏。
シトラス系の香りは涼しげな印象を与えてくれます。

そして何よりこのシトラス系の香りはワキガを上手にマスキングしてくれるんです。
タコスのようなスパイシー系、ちょっと酸味のある雑巾臭、鉛筆の芯のようなワキガとは更に相性がいいです。

私はスパイシー系のワキガ(黒人さん系とも言います)ですが、エルメスの「ナイルの庭」と相性が抜群です。

こちら↓

特につけてから30分ほど経過した後のミドルノート~ラストノートはかなり上手にワキガ臭をマスキングしてくれます。
きちんとデオドラントした場合のワキガならしっかりと隠した上にさらに香りに深みがでます。

余談でしたが、スパイシー系のワキガさんにはおすすめです。

ちなみに使い方ですが、いかにも香水をつけています!というのはおすすめできません。
経験上、香水の臭いが強いと、逆にワキガ臭が隠れません。
香水の強い香りの間から、ワキガ臭が見え隠れするといった感じでしょうか・・・。

柔らかい香水のつけ方としては、足首の内側と、ウエスト部分に少量つけるということ。
1プッシュでは多すぎる場合があるので、コットンやティッシュに香水を1プッシュし、それで足首内側とウエスト部分にこすりつけます。

これくらいの量がワキガとはちょうど相性がいいです。

間違ってもワキに直接つけるようなことはしないでください。
臭いが混じり、悪臭になる可能性があります。
シトラス系とワキガはあくまでも「調和させること」が大切です。

夏のワキガ対策まとめ

たっぷりと汗をかいて老廃物の排泄をマメに行う

敢えてノースリーブで過ごす

シトラス系の香水を使う

どれもそんなに難しいことはないと思います!
ノースリーブに抵抗があるようでしたら、最初は自宅でチャレンジして感覚をつかんでみることをおすすめします!

適切な対策でこの夏はワキガに悩まされず、ぜひエンジョイしてください。