運動がワキガ改善のカギ!どうして運動がワキガにいいのか

運動をして出てくる汗は「エクリン腺」からの汗であり、ワキガの原因となるアポクリン腺は関係ないんじゃ・・・?と思いますよね。

ですが、実は運動とワキガには大きな関係があります。

汗をかくとワキガが悪化するのウソとホント

汗をかくとワキガが悪化するのウソとホント

汗をかくとワキガが悪化するというのは嘘でも本当でもあります。

普段運動しない人が急に体を動かしてかいた汗というのはアルカリ性に傾きます。
日頃から運動している人と比べ、普段運動しない人が運動した時の汗には「重炭酸イオン」というものが含まれることが多いのです。
この重炭酸イオンが汗をアルカリ性に傾ける原因となっています。

弱アルカリ性の環境はワキガ菌にとってとても住みやすい環境です。
これにより、急激な運動でかいた汗がいつものワキガ臭をさらに悪化させるという可能性があります。

また、それとは別に運動でかいた汗は水分が99%です。
この蒸発とともに、ワキガ臭が拡散されるということもあります。

運動をしたらワキガ臭が悪化したという経験をした方は上記2つのどちらか、または両方が原因となっている可能性があります。

いずれにしても、汗をかいたらすぐに汗をしっかりと拭き取り、着替えをすることでワキガ臭の拡散を最小限にすることができます。

では、どのような場合にはワキガ臭が悪化せずに、むしろ改善へと導いてくれるのでしょうか。

これは普段から運動するかどうかに関係します。

日頃から運動をする方というのは、サラサラとした汗が作られやすいです。
汗は血漿(血液中の血球成分以外の成分)から汗腺に吸収して作られます。
この時、普段から運動している人は水に近い成分の汗が作られやすく、出てくる汗もサラッとしています。

そして、この汗は弱酸性であるため、ワキの下に分泌されるとワキガ菌が繁殖しにくい環境を作ります。
日頃から汗をかく習慣を持つことで汗の生成・分泌がスムーズになることもワキガに効果的です。

ベタつく汗はワキガ菌の増殖を促しますが、サラッとした水分の多い弱酸性の汗は逆にワキの下を洗い流してくれる汗だと言えます。

いずれにしても汗をかいた後に放置していては水分だけが蒸発し、「汗臭」の原因になる恐れがあります。
これについては、日々の体調や前日の食事内容にも左右されるので、毎日汗をかいていれば決して臭いませんとは言い切れません。

基本的には汗をかいたらワキの下を拭き取り、着替えることをおすすめします。