ワキガさんのわき毛処理は抜くor剃る?どっちが正しい?


ワキガの場合、腋毛の処理を適切に行うことで、嫌なワキガ臭を改善できることがあります。
しかし、処理を間違うとワキガ臭を悪化させることも。

ワキガの方におすすめの腋毛の処理方法をしっかり知って、ワキガの臭いの抑制に役立てましょう。

ワキガさんのわき毛処理は剃るが正しい

意外と知られていなかったり、勘違いされていることが多いのですが、ワキガさんのわき毛処理は「剃る」が正しいです。
なぜでしょうか。

実はアポクリン腺は毛穴に開口しています。
ここにある毛を抜いてしまうと、毛穴が空洞になります。
ここに皮脂や角質、そしてアポクリン腺から分泌されたベタ付きのある汗が溜まってしまうと、それをエサにワキガ菌が増殖します。

ですが毛穴に毛があることで、ワキガ菌のエサとなる汗や皮脂などの溜まりを最小限にすることができるのです。

毛を抜く刺激がアポクリン腺を刺激することも

わき毛を抜くのはアポクリン腺を刺激してしまう可能性がある

わき毛を抜いた刺激でアポクリン腺を活発化させてしまうこともあります。
結果、アポクリン腺からの汗の量が増え、それをエサにしているワキガ菌の増殖を促してしまう結果に。

このような点からもやはりわき毛は抜くよりも剃る方が適しています。

何もしないのはどうなの?

女性であれば、わき毛を処理せずに放置することに抵抗がある方が多いと思いますが、男性であればむしろつるつるのわきの下にすることの方が抵抗がある場合があると思います。

結論からいいますと、わき毛がたくさんある状態はワキガさんにとって好ましくありません。

わき毛にアポクリン腺からの汗が付着し、わき毛の密集部分は湿度がこもった状態になります。
こうなるとなかなか乾燥していきません。

ワキガ菌は多湿な環境を好みます。
よって、わき毛の密集地帯ではワキガ菌の増殖が一気に進むのです。

結果、ワキガ臭は悪化します。

このような点から、わき毛は剃ってしまい、出た汗でわきの下がこもらない環境づくりが効果的です。
しかし、男性の場合で剃るのに抵抗があるようでしたら、
わき毛を短くカットする、間引きするようにカットして減らすなどのやり方でも効果があります。

エステでの永久脱毛はどうなの?

エステでの脱毛は効果があるのか

ワキガの脱毛は賛否両論あります。
しかし、自分で抜くのと違い、エステで行う永久脱毛というのはレーザーを照射し、毛根を凝固させ毛を生やさないようにしてしまいます。
このレーザーの照射(フラッシュ脱毛含む)により、アポクリン腺もダメージを受けた場合には一時的にワキガ臭が改善することもあります。

また、ワキガの原因菌は毛根部に多く集まる傾向があるため、脱毛によりこの毛根がなくなってしまえば基本的には臭いの軽減に繋がると考えられます。

しかし、賛否両論あるのはやはり上記でも記したように、抜いた毛穴に汗や皮脂などの老廃物が詰まり、それをエサにワキガ菌が大量に発生してします可能性があるからです。

永久脱毛をして、ワキガの臭いが軽減する方、悪化する方、両方います。
なのでワキガを改善するための手段として、永久脱毛をおすすめするということは安易に出来ません。

わき毛をなくしたいという目的で無い限り、除毛はわき毛を剃る方法が一番安心だといえます。