ワキガを食事で改善!詳しい理由と食事方法


ワキガは体質です。
遺伝的要因によりワキガ体質になるか否かが決定されます。

そのため、「ワキガが治る」ということは残念ながらありえません

しかしながらワキガ臭の原因となる「アポクリン腺」の活動を抑え、また原因となる汗の性状をコントロールすることでずいぶんとワキガ臭をコントロールできるというのは事実です。

そのコントロールの一因となるのが「食事」です。

どんな食事がワキガ臭を悪化させるのか

脂質・動物性タンパク質はワキガを悪化させる

ワキガ臭は脂質や動物性タンパク質の多い食生活を続けると悪化する傾向があります。
理由としては、これらの脂質・動物性タンパク質の摂取がアポクリン腺を刺激し、活発化させてしまうという背景があるようです。

また詳細は不明ですが、脂質や動物性タンパク質を多く摂取した場合とそうではない場合の翌日に、ワキガ臭の臭いが変化するという経験則があります。

これは私に限ったことではなく、多くのワキガ保有者に体感されていることです。
理由は明確には分かっていません。
ただ、血液が酸性に傾くことが原因ではないかと考えられています。
血液は通常弱アルカリ性に保たれており、ほんのわずかなPhの変化でも体に不調をきたしやすいと言われています。
過剰な肉食はそのような血液のPhに関与し、その血液内にある血漿から作られる汗もまた影響を受けやすいという考え方もあるのです。

ではどのような食事がワキガを抑えてくれるのか

よく言われるのは野菜をたっぷり使った和食がおすすめだと言われています。
体感としても、和食の方が翌日のワキガ臭が控えめだと感じることが多いです。

抗酸化作用のある食べ物を積極的に取り入れる

抗酸化作用のある食品を積極的に摂取することは、活性酸素の生成を抑制します。
この活性酸素、「体を錆びさせる」原因だと言われることもありますが、体臭に関しても影響のあるものです。

ワキガ臭というよりは、加齢臭などの体臭に影響を及ぼすものとされていますが、体に活性酸素が溜まり体臭が強まることはワキガ臭と混じってさらに臭いが悪化する可能性があります。

これを予防するために、抗酸化作用のある食べ物を摂取するのがよいとされています。

代表的な抗酸化作用のある食べ物は

バナナ

アボガド

緑茶

キャベツ

カボチャ

ニンジン

上記に限らず野菜全般には抗酸化作用があると言われています。
積極的に摂取することをおすすめします。

アルカリ性食品の摂取を毎日の習慣に

アルカリ性食品がワキガ臭を抑える

アルカリ性の食品を摂取することで、体臭を予防する事ができます。
アルカリ性食品の代表ともいえる「梅干」は毎日一粒摂取することで体臭改善に大きく貢献すると考えられています。

体に蓄積するとアンモニア臭の強い汗になると言われている「乳酸」ですが、梅干に含まれるクエン酸はこれを水と炭酸ガスに分解してくれます。
抗菌作用もあるため、積極的に摂取したいアルカリ性食品です。

ただし、梅干は塩分も高い食品。
過剰に摂取しては悪影響になる可能性もあります。

1日1~2粒程度が目安です。

アルカリ性食品は何も梅干だけではありません。
多くの野菜やきのこ、海藻類などもアルカリ性食品です。
毎日の食生活に無理なく取り入れることをおすすめします。