ワキガに効果を実感!緑茶の上手な使い方
皆さんは緑茶をよく飲むでしょうか。

私はもっぱら緑茶派です。
実はこの緑茶、ワキガにも効果があると言われています。

緑茶のすごい殺菌力とは

緑茶が健康にいい、というのは多くのメディアでも紹介しているし、口コミでも聞く有名な話。
しかし、緑茶の一体何がそんなにいいのでしょうか。

実は緑茶には健康によい成分がたくさん含まれているのです。
特に有名なのは「茶カテキン」。

茶カテキンには高い消臭・抗菌効果があります。

昔から緑茶の出がらしを靴箱に入れておくといいというのはそのような茶カテキンの働きを経験則で知っていたからなんです。

他にも緑茶には「クロロフィル」という消臭効果のある成分が含まれています。
このような成分を日々摂取することが体臭改善にも効果があるのではないかと考えられえています。

ワキガに効果的な緑茶の使い方

ワキガに効果的な緑茶の使い方
まずはこまめに緑茶を飲むようにします。
また、毎回お茶っぱを変えるのではなく、3番茶くらいまではしっかり飲むようにします。

これには理由があります。
一番茶にはビタミンやカフェインが多く含まれるのですが、茶カテキンが最も含まれるのが2番、3番茶だと言われています。
この茶カテキンをしっかり摂取するためには2番、3番茶もしっかりと飲みましょう。

出がらしで脇パックをしよう

出がらしで脇パックしよう
飲んだ後の出がらしも効果的に使うことができます。
適量をガーゼに包み、脇の下に挟んで3分ほどおきます。
これだけで脇の下はしっかりと殺菌され、茶カテキンの持つ高い消臭効果により嫌なワキガ臭が出にくくなります。

出がらしはふりかけにして最後まで食べてしまう

さらに出がらしが残ってしまったら、フライパンで炒ってふりかけにして食べてしまいます。
塩がゴマなどを加えるとより美味しく食べる事ができます。

入浴剤として使っても◎

緑茶風呂もまたワキガや体臭全般に効果があります。

やり方は簡単。
緑茶を大匙2杯ほどやかんに入れて水から煮出します。
5分ほど煮出したら、それをお風呂に入れるだけです。

入浴後のお湯は洗濯にも使えます。
バスタブに茶渋が染み付いて取れにくくなることがあるので、長時間の放置は避けます。

日々の生活に自然に緑茶を取り入れる

普段の生活に自然に緑茶を取り入れる

緑茶はワキガや体臭に効果があるだけでなく、最近では抗がん作用や心疾患の予防、ダイエット効果などたくさんの良い効果について研究データが発表されています。

無理せずに自然と緑茶を取り入れるのが健康を維持するためにも理想的だと思います。

ただ、ここで一点注意があります。
緑茶は東洋医学の観点では「体を冷やす飲み物」と考えられています。
冷えが気になる方は自分の体の調子をみながら飲むようにしましょう。