ワキガって何?ワキガの原因とは

ワキガって何?

よく聞くワキガ。
でも、正直自分がワキガじゃない人や、あの臭いを知らない人からしたら、ワキガって何?って感じですよね。

ワキガっていうのは、大きくまとめると体臭の一つに分類されます。

日本人は臭いに敏感だから、ワキガに「腋臭症」って診断名をつけて病気の1種みたいな扱いになっているけど、でも実際のところはただの体質です。

ワキガ臭発生のメカニズム

なぜ、ワキガ臭が発生する人とそうじゃない人がいるのか。

このワキガ臭の原因になっているのは「アポクリン腺」っていう汗腺です。
ワキガ原因図

汗腺とは汗が作られて出てくるところです。
もっと正確に言えば、血液から水分やミネラル分などを汗腺が取り込んで汗として分泌させる場所。
それを汗腺と呼んでいます。

ただし、暑い~という刺激による体温調節の一環として出てくる汗は「エクリン腺」という汗腺から出てくる汗。
ここから出てくる汗は99%が水なんです。
若干のミネラル分が混じっているけど、水分がほとんどだからサラッとした汗で、あまり臭いの原因になりにくい汗です。

でも、ワキガ臭の原因となる「アポクリン腺」からの汗はちょっと違う。
暑いという刺激ではこの汗腺はほとんど反応しない。

逆に精神的なストレスや緊張などで活発化したりするんですよね。
で、このアポクリン腺から分泌される汗というのは水分が70~80%程度。
他にはタンパク質、脂質、アンモニアなどが含まれます。

ワキガの汗はベタつくというのはこのような成分が多く含まれるせい。

この汗、皮膚にいる菌(常在菌)からしてみたらすごい栄養満点の汗。
だから常在菌は一生懸命この汗を食べる。
結果、アポクリン腺から分泌された汗は分解(消化)されて、一部は臭い成分(排泄物)として出てくるんです。
この臭いがワキガ臭となって私達を困らせているのです。

分泌されたての汗はエクリン腺だろうが、アポクリン腺だろうが無臭。

これを食べて分解する常在菌がいるからワキガ臭が発生するというワケです。

どうして、ワキガ体質になるの?

ワキガ体質は遺伝で決まります。
逆に言うと遺伝以外ではワキガにはなりません。
そして、アポクリン腺の数と大きさ、そして活動量によってワキガかどうかが決定します。

アポクリン腺が多ければ多いほど、そして活発であればあるほどワキガ臭が出やすくなるということ。
これは親からの遺伝で、生まれつきのものだからこの体質を変えるというのはできません。

だからといって、ご両親を責めないこと。
好きでワキガになったワケじゃないのはご両親も同じことですから。

片親がワキガなら50%、両親なら80%の確率で遺伝する

ワキガの遺伝の仕方ワキガの遺伝の仕方

ワキガは実は「優性遺伝」するもの。
だからこれほどの高さで遺伝します。

ちなみに隔世遺伝というのもワキガ体質では起こる場合もあります。
両親のどちらもワキガじゃない場合でも、祖父母のどちらかが(または両方が)ワキガの場合、孫のあなたに隔世遺伝する可能性もあるんです。

ワキガの強弱は遺伝しない

ワキガ体質の有無は遺伝によって決まるものだけど、ワキガの程度についてはあまり遺伝は関係ないことが多いんです。
両親のどちらかが強いワキガだったとしても、子供はほとんど臭わない程度のワキガだったり、その逆もあったり。

ワキガの程度は生活習慣などにも左右されるので、少しのことでその臭いの程度が変化することもあるのです。